ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン

AD
AD
AD
AD
ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン

本当に役立つ道具を紹介!

黒わんこカフェで紹介してきたパンレシピは、事前に準備する食材を使わないレシピの方が圧倒的に多いんですが、だんだんパンレシピのネタが…😵

ネタ不足だってしょっちゅう書いているわりには、未だ二日に一本のペースは保てているので、意外となんとかなってはいますが、事前に準備する食材を使うレシピを加えていけば、もうちょいパンレシピの幅が広がるんじゃないかと🤔

事前に準備する食材って何かと言えば、一番わかりやすいのは野菜類。

ほうれん草や、ブロッコリー、人参、玉葱なんかですね。

玉葱は生食も出来ますが、ほうれん草やブロッコリーは一旦お湯で下ゆでしてから使うのが一般的なので、パン材料として使うときも、同じように下処理する必要があります。

これらの食材は下処理する手間はありますが、鮮やかな緑色をパンの差し色として使えるようになるので、映えるパン作りを目指したいときは、積極的に使っていくと良い食材な気はします☺️

今回はほうれん草とベーコンを使ったツイストスティックパンにチャレンジしてみました。

ツイストとは「ねじる」という意味の言葉で、日本語でこのパンを表現するなら「ねじり棒パン」でしょうか🤣

作り方は至って簡単で、事前に準備したほうれん草をベーコンをパン生地に混ぜ込み、ねじりパン成型をして焼けばOK。

今回のパンはねじる前のパン生地の長さを長くしすぎたので、むちゃくちゃデカいスティックパンになっていますが、切らずに食べたいときは成型の時の長さを短くしてくださいね☺️

POINT下ゆでしたほうれん草はものすごく水分を含んでいるので、必ずキッチンペーパーなのでしっかりと水気を取ってから、パン生地の中にいれて捏ねてくださいね😉

作り方の手順


一次発酵30℃ 60分二次発酵35℃ 35分
ベンチタイム10分焼き250℃ 5分の後
230℃ 10分
  1. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン1今回はパン生地の混ぜるほうれん草とベーコンとが特別な材料になります。それ以外はフランスパン生地と同じ材料なので、使う材料は少ないパンだと思います😉
  2. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン2ほうれん草は軽く下ゆでをし、水気をしっかり切ってから2cmぐらいにカットしましょう。ベーコンは細切れにし、ほうれん草と一緒にあえて準備しておきます。
  3. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン3パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。バターがなじんで捏ね上がってくると、あまりベトつかずとても扱いやすいパン生地になります🙂パン生地が捏ね上がったら、パン生地を大きく広げて伸ばし用意しておいたほうれん草などを満遍なく散らしましょう。
  4. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン4ほうれん草などをパン生地全体に散らし終わったら、まずはパン生地を半分に切って重ねます。こうすることで、ほうれん草などを手で捏ねて混ぜることなく、パン生地の中で層になりますよね😉
  5. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン5さらにもう半分に切って重ねると四段重ねのパン生地になりますので、この状態で、一番下のパン生地で包むように丸めて行くと、それなりにまんべんなく織り込み材料が混ざった生地になってくれます😆
  6. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン6一番下のパン生地でほうれん草などを包んで丸めたらこんな感じになります。案外綺麗にパン生地の中に収まっていますよね😊これ以上こね回すのはやめておきましょう。ほうれん草から水気が出てパン生地が緩みますし、ベーコンの油分もパン生地の中に広がって、ベトベトのパン生地になると思います😵
  7. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン7一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁今回使った写真はほうれん草の水切りが甘かったので、結構この段階でベトついていたので、打ち粉をして扱いやすくしました。
  8. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン8一次発酵終わればガス抜きをして、軽く四角に形を整え、固く絞った濡れふきんをかぶせベンチタイム10分。
  9. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン9ベンチタイムが終わったら、しっかりとガス抜きをして18×30cmに生地をのばします。長さ30cmに伸ばしましたが、これは天板の横幅が目安になっているサイズなので、短いスティックパンに仕上げたいときは20cmとかでいいと思います🙂
  10. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン10今回は6本のスティックパンを作りますので、幅3cmで切り分けます。一度に全部切ってしまうと、ツイスト成型をしている間にパン生地同士がひっついてしまうので、一本切り出したらツイスト成型をして天板に置き、次の一本を切り出すという感じで切り出しましょう。切り出した細長いパン生地は上下反対側にねじって、写真の様なツイストした状態にしてください😉
  11. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン11ツイスト成型はねじったパン生地が元に戻りやすいので、パン生地を天板に並べるときに、写真のように端っこを天板に押し付けてはりつかせておきましょう。天板にパン生地の端が張り付いていれば、ねじったパン生地が元に戻らずにすみます。全てのパン生地を天板に並べ終わったら、35℃35分で二次発酵します。
  12. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン12二次発酵が終わったパン生地はこんな感じに膨らみますね😊ねじったパン生地が元に戻らずに、ツイストした状態で膨らんでくれていますね。天板に張り付かせた部分は、焼き終わるまでそのままにしておきましょう。まっすぐ膨らまずに写真みたいにウネウネしてしまうことがありますが、ここで張り付かせたパン生地を天板から剥がすと、せっかくツイストして膨らんだパン生地が元に戻る可能性があります。
  13. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン13余熱をしている間に霧吹きで軽く水を吹いた後、強力粉をふるい、お好みでピザ用チーズなどを軽く乗せましょう☺️パン生地が細いのでそこまでドバッとピザ用チーズは乗せられませんが、少し乗せてあると味のワンポイントにはなると思います。
  14. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン14焼き上げは250℃5分焼いた後、230℃10分。ヘルシオを使用するときは、ウォーターオーブンで250℃5分焼いた後、230℃13分ほどで焼くといい感じに焼けると思います。ヘルシオは奥の方が焦げやすいので、必ず半分ぐらい過ぎたところで天板をひっくり返しましょう🤗特にウォーターオーブンを使ったときは、ちょっとした時間の違いでめっちゃ焦げるときがあるので、焼き終わるまでは目を離さない方がイイと思います👆
  15. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン15完成😋今回は天板の幅に合わせて成型したツイストステックパンなので、写真に収まらないぐらい長く仕上がりました。正直、食べることを考えたらここまで長いスティックパンにする必要はないですね😵
  16. ねじりパンから見える緑色が綺麗なベーコンとほうれん草のスティックパン16食べやすいサイズにカットすると、こんな感じになっています。スティックパン仕上げなのでほうれん草の断面が目立ちませんが、クッペやプチフランス仕上げにすれば、断面に緑の差し色がはっきりと見て取れるパンになると思います😉
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍


過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました
×