舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル

AD
舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル1 舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル2

ムニエルは魚に小麦粉をつけてバターで焼いたお料理で、洋食では定番の魚料理ですよね😊

ムニエルという言葉自体がフランス語ということもあって、フレンチ料理店のコース料理を頼めば、魚料理にムニエルが出されることが結構ありますよね😉

ムニエルとして調理される魚は、スズキなどの白身魚や、マス・サケなどもよく用いられ、最近はスーパーにムニエルの素なんていう便利な調味料が売られているので、鮮魚コーナーに置いてある鮭の切り身を買ってきてこれを使えば、家庭でも手軽にムニエルを楽しめますよねっ😆

こんな大変身近な洋食メニューであるムニエルに、宮城県石巻港で水揚げされる上質で脂ののったサメガレイを使い、北海道産の玉葱、長野県産のセロりをバターでじっくり炒めた旨味のあるソースにからめて作られたのが、今回紹介するお料理になります😊

食べてみた感想はといえば、まずサメガレイのとろけるような身の柔らかさに驚きました🤩

骨はあるんですが、サメガレイの身そのものは身離れも良いので骨があっても綺麗に食べられますし、ソースもたっぷりと入っているので、たっぷりとサメガレイに絡めて食べると、ダブルで美味しいお料理って感じでした😊

今回は洋食メニューだったので、副菜はライ麦系ハードパンのカンパーニュとコーンスープでまとめてみましたが、お料理のソースをパンにつけて食べても美味しいですねぇ😆

一流シェフが作る冷食販売サイト

実はこの商品、「 旬をすぐに 」というサイトで販売されている、398円の冷凍食品なんです!

冷凍食品でありながら国産のこだわりの食材をふんだんに使っているだけでなく、メニューはミュシュランの1つ星レストランでの経験もあり、ブルガリアの在日本国大使館の料理長もつとめていたシェフらが開発している、間違いなしの一流品の冷食です😉

商品の特徴

舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル3 舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル4

この商品の正式名称は「白ワインと華麗なひと時を 香味豊かな骨付き鰈のムニエル」と、とっても個性的な商品名がついています🙂

商品名は感性豊かな旬すぐさんのスタッフさんが考えているみたいで、パッケージを見たときのインパクトは間違いなくありますね。

まあそれもまた旬すぐさんの商品の魅力だと思います😊

旬すぐさんの商品は、こだわりの食材を使用していることもあって、商品が売り切れると再販売されないこともあります!

この商品の旬すぐこだわりのポイント

舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル5宮城県の石巻漁港で水揚げされるサメガレイは別名ホンダガレイと呼ばれ、主に焼き魚として加工され流通されています😊サメガレイの名前の由来は諸説ありますが、ウロコがサメのようにザラザラしてトゲが立つ姿をしていることから、サメの名前を取ってサメガレイと呼ばれています。見た目はそこまで派手な魚ではないですが、骨はあまり硬くなく、上質な白身は非常に脂が多く、熱を通しても硬くならない特徴があるため、焼き魚として以外でも、煮付けや揚げ、ソテーなど幅広いお料理の材料として愛用されています😉
舌でとろける脂たっぷりの白身を濃厚な野菜ソースで楽しむカレイのムニエル6長野県は海に囲まれていないという日本中でも特殊な地域で、一日のうちで最も高い気温と低い気温の差が大きく、沿岸部の都道府県に比べて湿度が低い特徴があります。こういった長野県特有の気候を生かし、長野県ではセロリの生産が盛んで、生産量も日本一となっています😊そんな長野県の松本市にはセロリ農家らでつくる「松本洋菜部会」があり、そのメンバーの一人である滝沢広志さん作るセロリは、美鈴湖の水を利用して育てられ、色鮮やかで香り高くシャキシャキした食感を持つセロリとなっています😉

この商品を注文するには…

AD

売り切れごめんの商品なので、興味持った方は今すぐ購入!😆

ご購入はコチラから

この商品以外にも魅力的な商品はいっぱい販売されていますので、興味ある方は是非「旬をすぐに」へ😉

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました