ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ

AD
AD
ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ

本当に役立つ道具を紹介!

いちじくは栄養価が高く食物繊維も豊富なことから、健康食品なんかでよく使われるフルーツですが、スーパーでは常時置いているような食材ではないので、一般家庭の食卓に出ることはそんなに多くないかも知れません🤔

夏頃出荷されるいちじくと秋頃出荷されるいちじくがあるようですが、どっちにせよ僕が普段使ってるスーパーでは、このぐらいの時期にたまに置いてあるぐらいで、未だ子供達にはフレッシュいちじくを食べさせてあげたことがないかも🤣

フレッシュいちじくは出荷時期が限定されているのでなかなか目にする機会も少ないですが、いちじくをドライフルーツにした、ドライいちじくであればドラッグストアのドライフルーツコーナーでも見かけるので、こちらの方が手に入りやすいと思います🙂

このドライいちじくをパン材料として作ったパンをパン・オ・フィグといい、名前からして海外由来のパンらしくライ麦パンの一つとして海外で親しまれています😉

黒わんこカフェのレシピの中にも、「くるみとレーズンがたっぷり入ったライ麦香るセーグル・ノア・レザン」「カラフルなフルーツがシックなライ麦によく似合うライ麦パン」という、ライ麦パンにドライフルーツを入れたレシピがあるので、今回はこのあたりのレシピを応用して、ドライいちじくを入れたパン・オ・フィグを作ってみました😆

あと準強力粉としてトラディショナルを使っていますが、リスドォルにしてもOKです🙂

POINTライ麦のもっちりに噛めばプチッとはじけるいちじくが合わさった、なかなか面白い食感のパンになると思います😉

作り方の手順

一次発酵 30℃ 60分二次発酵 35℃ 40分
ベンチタイム 15分焼き 240℃ 20分
  1. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ1ライ麦などパン材料を用意しましょう。今回はライ麦は中挽きをつかっていますが、細挽でもいいと思います🙆‍ドライいちじくは結構硬い状態で売られているので、熱湯に10~20秒程度つけて油を落とし、少しだけ柔らかくしてから使いましょう。あまり長い時間お湯につけると、カットした時にめちゃくちゃベトつくので、軽く湯通しぐらいのイメージでいいと思います😉
  2. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ2ドライいちじくの湯通しが終わったら、キッチンペーパーなどでしっかりと水気をとって、写真のような7~8mmのサイズにカットしましょう。7~8mmというのは結構細かいので、しっかりといちじくを味わいたいときは1cmカットでもいいと思います🙂ドライいちじくは、カットすると中から種が出る&ものすごくベトつくので、カットした後はあまり手で直接触らない方がいいと思います。
  3. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ3パン生地は少し粘り気はありますが、まあそこまで扱いにくい生地でもないですね🙂ライ麦が入ると毎回こんな感じなので、こんなもんでしょう🤣パン生地が捏ね上がったら、生地を大きく広げて伸ばし、用意しておいたドライいちじくを満遍なく全部散らしましょう。
  4. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ4ドライいちじくを生地全体に散らし終わったら、まずは生地を半分に切って重ねます。こうすることで、ドライいちじくを手で捏ねて混ぜることなく、生地の中で層になりますよね😉とにかくベトつくドライフルーツなので、出来るだけ手で触らない方が良いと思います🙆‍♂️
  5. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ5さらにもう半分に切って重ねると四段重ねの生地になりますので、この状態で、一番下の生地で包むように丸めて行くと、案外ちゃんとまんべんなく織り込み材料が混ざった生地になってくれます😆
  6. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ6ドライいちじくを丸め終わった直後はこんな感じになります。そこまでドライいちじくの量が多くないので、丸めたときに外に漏れ出ているドライいちじくはありませんね。
  7. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ7一次発酵は30℃60分。写真で見てもそこまで光っていないので、ベトベトした仕上がりではなく、比較的扱いやすい状態で綺麗に膨らんでますよねっ😁むしろライ麦が入っているので、表面はざらっとした感じになります。
  8. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ8一次発酵終わればガス抜きをして2つに切り分けます。いつもなら6つか8つに切り分けますが、今回はカンパーニュっぽい大きな丸パンと、バゲットっぽい細長い棒状に仕上げますので、切り分けは二つになります。バゲット風に仕上げる方は、写真の様に長方形に軽くのばします。
  9. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ9長方形にのばした生地を写真のように生地の上半分を真ん中まで折りたたみます。このとき折りたたんだ角を綺麗に尖らせておくと、まっすぐな生地に仕上げることが出来ますね😉
  10. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ10さらに二つ折りにして閉じましょう。これでバゲット風のパンの形に仕上げることが出来ます🙂
  11. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ11次にカンパーニュ風に仕上げる方は、二次発酵や焼いたときに高さを出したいので、二つ折りを二回繰り返して、お布団をたたむようにします。最初に長方形のばすのはバゲット風仕上げと同じですね。
  12. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ12長方形に生地をのばしたら、左右二つ折りにしましょう。二回おったときに正方形に近づけた方が良いので、最初に折りたたむのは、長い辺を二つ折りにしてくださいね😉
  13. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ13今度は上下で二つ折りにすると、写真の表にこんもりと折りたたまれた四角形のパン生地が出来上がります。
  14. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ14バゲット風仕上げとカンパーニュ風仕上げのパンを並べると、こんな感じになります。ここまで作業が終われば、ベンチタイム15分おきましょう。ベンチタイム後の成型でちゃんとやればいいので、8~13の作業はそこまで細かく綺麗にやらなくても大丈夫です。
  15. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ15ベンチタイムが終わったら、まずは簡単に終わるカンパーニュ風仕上げのパン生地を丸くしていきましょう。四角形のパン生地になっているので、角を下側に潜り込ませながら丸めていけばOKです😉
  16. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ16バゲット風仕上げの方は長さを出したいので、ベンチタイムが終わったら手のひらでガス抜きをしながら30cm×15cmぐらいにのばしましょう。めん棒を使わなくても伸びると思いますが、のびが悪いときはめん棒を軽く転がせば、あっという間にこのぐらいのサイズになると思います。
  17. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ17パン生地を細長い長方形にのばし終わったら、写真の様に上側2/3を折りたたみます。
  18. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ18そして二つ折りにしてとじ目をしっかりと閉じれば、バゲット風仕上げのパン生地の完成です。
  19. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ19バゲット風仕上げのパン生地を天板に置くとこんな感じになります。二つのパンは形が違う上に膨らむ方向が違うので、並べて二次発酵はせずに、それぞれを一個ずつ天板におきましょう。バゲット風仕上げを二本、カンパーニュ風仕上げを二個とかいう数であれば、同じ形のものを二つずつ天板に置くのは大丈夫だと思います🙂
  20. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ20カンパーニュ風仕上げのパン生地を天板におくとこんな感じですね。二次発酵前だとあまり大きくないですが、二次発酵と焼き上げでそこそこのサイズに膨らんでくれるので大丈夫です。全ての生地を天板に並べ終わったら、35℃40分で二次発酵。
  21. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ21二次発酵が終わったカンパーニュ風仕上げのパン生地はこんな感じに膨らみますね😊
  22. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ22バゲット風仕上げのパン生地の方はこんな感じに膨らんでいます。この後焼いたときにもさらに大きくなりますよ😉
  23. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ23二次発酵が終わったら、予熱をしているあいだにスプレーで軽く水を吹いてから強力粉をふるいましょう。強力粉を振るったら、斜めに3本クープを入れましょう。僕はこういうまっすぐで大きなクープを入れるときは、Victorinox クープナイフを使います。小さな力で生地をガッと切り裂いてくれるので、かなり綺麗にまっすぐなクープを入れることが出来ますよ😉
  24. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ24カンパーニュ風仕上げのパン生地にクープを入れるとこんな感じになります。
  25. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ25カンパーニュ風仕上げのパン生地の方は、Victorinox クープナイフだと曲面部分にクープを入れにくいので、僕はこういう細かいクープを入れるときは、「貝印 KAI クープナイフ DL6283」という商品を使って入れています。非常に細かいクープを入れるのに、とても使いやすいですよ😉
  26. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ26焼き上げは240℃で20分焼きます。ヘルシオを使用しているときは、ウォーターオーブンで250℃5分焼いた後240℃で15分焼いてこんな感じの色になりました。今回は砂糖やバターを使わない代わりに、モルトパウダーを使って焼き色をつけました。
  27. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ27カンパーニュ風仕上げのパン生地の方も、ちゃんと米印のクープが入っているのが分かりますよね😆
  28. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ28完成😋
  29. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ29焼き上がったパンは、カットしてスープなどに合わせて食べるととっても美味しくいただけますよ😉
  30. ぷちぷちっとした食感が楽しめるいちじくを使ったパン・オ・フィグ30ちなみに最初に焼いたときは8つに切り分けて小ぶりなものを作りましたが、食べやすいですが迫力は出ませんでした🤣
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました
×