焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン

焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン

本当に役立つ道具を紹介!

皆さんはバナナはどんな風にして食べますか?🙂

こんな風に聞かれても、バナナなんて皮剥いて食べるだけじゃないの?と思うかも知れませんが、僕もそうです🤣

でも、バナナは生バナナをそのまま食べる以外にも焼きバナナという食べ方があって、バナナを加熱することで水分が減り甘みがギュッと濃縮された、濃い味のバナナになるようです。

インドネシアにはバナナをフライにするピザンゴレンというお料理があるぐらいなので、加熱したバナナを食べるという習慣は結構一般的みたいですね🙂

今回はこの焼きバナナを使ったコッペパンの作り方を紹介します😉

焼きバナナと言っても、パン生地の上に置いてオーブンの熱風にさらした焼きバナナではなく、スライスした生バナナをパン生地の中に閉じ込めることで、二次発酵や焼き上げの時に加熱することで、パン生地の中で熟成された甘みたっぷりのバナナに仕上げて食べるって言うレシピになります。

バナナだけ閉じ込めて焼いても美味しいですが、クレープなんかでもチョコ&バナナというのは定番の組合せなので、今回はスライスしたバナナの周りをクーベルチュールチョコスイートで包んで仕上げる、バナナとチョコレートのコッペパンにしました😆

成型は単なるコッペパンですが、サイズは大きめのミルクフランスぐらいあるので、満足感たっぷりのパンになっていますよ😉

ちなみに黒わんこカフェのレシピには、「ちょっと見えるチョコがたまらないふわふわのチョコバナナブレッド」という別のバナナとチョコレートのパンを紹介していますので、良かったらこの記事も読んでもらえると嬉しいですね🤗

POINTスライスしたバナナを4枚使うので大きなコッペパンになっていますが、3枚にすれば普通サイズのコッペパンになると思います😉

作り方の手順

[ad]
一次発酵 30℃ 60分二次発酵 35℃ 40分
ベンチタイム 10分焼き 180℃ 20分
  1. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン1今回はコッペパンのレシピと言うことで、使う材料は普通のパンによく使われる材料だけになります😉パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。今回のレシピは柔らかく仕上げたかったので牛乳の量が少しだけ多めですが、パン生地は比較的扱いやすいと思います🙂
  2. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン2バナナは斜めにスライスして準備します。一個のパンで4枚使うので、24枚のスライスバナナを準備すればOKです。チョコレートはクーベルチュールチョコスイートを使っていますが、ミルクホワイトチョコレートでも美味しいと思います😉
  3. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン3一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  4. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン4一次発酵終わればガス抜きをして6つに切り分けます。できるだけ同じ生地の同じ重さになるように丁寧に切り分けましょう☝コッペパンに成型しやすいよう、ベンチタイムに入る前に簡単に成型をします。切り分けた生地を手のひらでガス抜きをしっかりしながら10cmぐらいの正方形にします。
  5. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン5パン生地を伸ばし終わったら、上下の生地を折りたたんでいきます。このように生地の中央に向かって生地を折りたたむことで、生地の間が層になり、膨らんだときにふっくらとしてくれます😉僕は最初に二つ折りにして真ん中に折り目をつけて、それを目印にして上下の生地を折りたたむようにしてます
  6. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン6上下の生地を折りたたんだら、さらに真ん中で折りたたみしっかりと閉じます。閉じ方が甘いと、ベンチタイムの時に生地が浮いて開いてしまうことがあるので、そうならないようにしっかりと閉じるようにしましょう🙂
  7. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン76本全部棒状に成型したら、固く絞った濡れふきんをかぶせベンチタイム10分。
  8. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン8ベンチタイムが終わったら手のひらを使って4枚分の幅×10cmぐらいのサイズにのばしましょう。めん棒でぐいぐいのばすとのばしすぎになると思うので、手のひらでガス抜きしながら広げればOKです🙂パン生地をのばし終わったら、クーベルチュールチョコ20gをパン生地の中央に敷き詰め、その上からスライスしたバナナを4枚乗せましょう。先にチョコを置くことで、焼き上げの時にチョコレートがバナナを包むように溶けてくれます😉
  9. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン9チョコレートとバナナを入れ終わったら、上下を折りたたむよう合わせ、しっかりと閉じましょう。閉じた後はとじ目を下にして、軽く台の上で揺すってとじ目が開かないようにします。
  10. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン10天板に並べるときはとじ目を下にして並べていきましょう。写真ではパン生地を縦向きにして並べていますが、これはヘルシオの温風が出る角度に合わせているだけなので、お使いのオーブンレンジの仕様に合わせて、縦向き横向きを変えて並べればOKです😊全ての生地を天板に並べ終わったら、35℃30分で二次発酵。ちなみに、二次発酵前のこの状態の時にハサミで細かい切れ目を入れれば、パン・ヴィエノワになります😉
  11. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン11二次発酵が終わるとこんな感じになります。結構膨らむので、パン生地同士だけなく天板と生地の間もちゃんと開けておいた方が良いですね😉このサイズであれば縦向き4本まではいけそうですが、まあ天板が二枚あるときは無理せずパン生地は3本ずつ並べるようにした方が良いと思います🙆‍♂️
  12. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン12余熱をしている間にドリュールを塗ります。牛乳でもドリュールの代わりになりますが、しっかりした茶色に仕上げたいときは、やっぱり卵をつかったほうがいいですね。
  13. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン13焼き上げは180℃20分。ヘルシオを使用しているときは、220℃5分→210℃20分ぐらいでこんな感じの色になりました😊
  14. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン14完成😋
  15. 焼いたバナナで甘さを引き出す、スライスバナナとチョコレートのコッペパン15中を切ってみると、こんな感じにチョコレートが溶けた状態で詰まっていますね😉写真には写っていませんが、チョコレートの下には加熱されて甘みたっぷりになった柔らかいバナナが敷き詰められているので、食べているときはしっかりとバナナとチョコレートを堪能出来ますよっ😆
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へにほんブログ村 パン作りへ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

[ad]

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました