桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん

AD
AD
桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん

本当に役立つ道具を紹介!

毎年桜の季節になる度に桜あんぱんを食べてみたいなぁと思うんですが、近所のスーパーでは桜あんぱんなる商品は売ってないので、いつも思うだけで食べることなく桜の季節が終わっちゃうんですよね😭

スーパーに売ってないなら自分で作ればいいじゃないかっ、って事で桜あんぱんの材料を調べてみたら、中に入れるあんこは「桜あん」という特別なあんこが必要なようで、「桜あん」自体がスーパーにない🤣

製菓材料を売っているお店に問い合わせてみたら、三月中旬ぐらいまでは置いていたようだけど、桜が咲き始める頃にはいつも品切れになるとかで、桜あんぱん作るのは三月上旬じゃないといけないようだ🤔

ネットではお取り寄せすれば「桜あん」も「桜花の塩漬」も入手可能だったので、今年はネットで材料をお取り寄せをして、桜あんぱんを作ってみました😆

基本的に中に入っているあんこ以外は普通のあんパンと作り方は同じですが、丸いあんパンに仕上げると、何が桜なんだかよく分からないので、今回はお花パンの成型をして少しでも桜の気分に近づけて見ました😉

POINTお花パンの成型は慣れればそこまで難しくはないですが、お花パンの成型が難しそうなときは、簡単な花びら成型も載せておきますので、そちらでチャレンジしてみてください😉

作り方の手順

一次発酵 30℃ 60分二次発酵 40℃ 30分
ベンチタイム 15分焼き 200℃ 15分
  1. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん1今回はパンの中に入れる桜あん、とパンの上に乗せて飾る桜花の塩漬が特別な材料になります😉パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。バターがなじんで捏ね上がってくると、あまりベトつかずとても扱いやすい生地になります🙂
  2. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん2一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  3. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん3一次発酵終わればガス抜きをして8つに切り分け、固く絞った濡れふきんをかぶせベンチタイム15分。できるだけ同じ生地の同じ重さになるように丁寧に切り分けましょう☝この時点でも特にベトついた表面になっていないので、本当に扱いやすい生地ですね😊
  4. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん4ベンチタイムを待っている間に、桜あんを25gずつ8つに切り分けて軽く丸めておきましょう。桜花の塩漬はそのまま使うとめちゃくちゃ塩辛いので、一度水であらって塩分を落としてから、花びら一つか二つ単位で切り分けて、8個分準備しておきましょう☝
  5. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん5ベンチタイムが終わったら丸めておいたパン生地を手のひらで押さえてガス抜きをし、10cmぐらいの円形に伸ばしましょう。桜あんの量を30gとか35gにする場合はもっと大きな円に伸ばさないといけませんが、25gであれば10cmに伸ばせば十分包むことが出来ると思います😉
  6. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん6あんを綺麗に包めたらとじ目をしっかりと閉じたら包むのは完了です。この後さらに成型していきますので、包丁を入れても良いまな板などの上に移動させましょう。
  7. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん7最初に紹介するのはお花パンの成型方法になります。お花パンは平べったくしたパン生地に包丁で切れ目を入れ、花びらになる部分をひっくり返して、中のあんこが見えた状態にする成型になります🙂
  8. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん8最初に写真の様に四本切れ目を入れましょう。真ん中は少し開けて切れ目を入れますが、花びらをしっかりと見せたいときはそこそこギリギリまで切れ目を入れると、それだけひっくり返したときに花びら部分が大きくなります。切れ目同士が繋がるとちぎれるので、切りすぎには注意してくださいね☝
  9. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん9四本切れ目を入れたら、今度は切れ目と切れ目の間にさらに切れ目を入れます。深さは最初の切れ目と同じぐらいでもいいですが、あまり深すぎると真ん中の部分が薄くなりすぎて、パン生地をねじっていくときにちぎれることもありますので、僕は間に入れる切れ目は最初に入れた切れ目より、ほんの少し短くしています。切れ目を入れたら、切れ目の根元からしっかりと半分ねじって中のあんこが見える状態にしましょう。これを左右行うと、写真の様に花びらの形になります😉
  10. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん10四カ所すべてに切れ目を入れてねじったら、このように綺麗な花びらの形になりますねっ😆特に今回はピンク色の桜あんをつかっているので、この状態でも取っても綺麗な色合いのパンになります😊
  11. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん11お花パンの成型が難しいなぁと思う方に、もう一種類花びら成型を紹介します😉こちらはパン生地をねじったりせずに、切れ目を入れるだけでイイので、パン初心者の方にオススメの成型方法だと思います。最初に五本切れ目を入れます。出来るだけ均等なサイズに切れ目を入れる方が、仕上がりが綺麗になると思います。
  12. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん12次に長い切れ目と切れ目の間に、短い切れ目を入れます。長さ的には最初の切れ目の1/3ぐらいでイイと思います。これで花びら成型は完了です🙂天板に並べるときに、ほんの少し隙間が開くようにして置くと、イイ感じに花びらっぽく広がってくれると思います。
  13. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん13お花パンの成型が完了したら、天板に並べていきましょう。ひっくり返すのが中途半端で、中の桜あんがイマイチしっかり見えていないときは、天板に並べるときに花びらの間を少し広げて、出来るだけ中の桜あんが見える状態にした方が良いと思います。全ての生地を天板に並べ終わったら、40℃30分で二次発酵。
  14. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん14二次発酵が終わった生地はこんな感じに膨らみますね😊欲張って一枚の天板に沢山ならべて、生地が思ったより膨らむとくっついちゃうので、僕は欲張らず二枚の天板に分けて並べるようにしています😉
  15. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん15余熱をしている間にドリュールを塗ります。牛乳でもドリュールの代わりになりますが、しっかりした茶色に仕上げたいときは、やっぱり卵をつかったほうがいいですね。今回はドリュールを塗っていますが、あえてドリュールを塗らず低温で焼き上げる白パン焼きをすれば、真っ白なパン生地にピンク色が映えるさくらあんパンに仕上げることも出来ますよ😉ドリュールを塗り終わったら、指先に強力粉をつけて真ん中を少し凹まし、その上に準備しておいた桜花の塩漬けを1つ載せて準備完了です。
  16. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん16焼き上げは200℃15分。ヘルシオを使用しているときは、230℃5分→220℃12分ぐらいでこんな感じの色になりました。あんまり高い温度でガンガン焼くと表面が濃くなり過ぎて焦げているように見えるので、ちゃんと見ながら適当の天板を前後入れ替えて焼いていきましょう😉
  17. 桜の季節に作ってみたい、桜あんと桜花の塩漬で作る桜あんぱん17完成😋花びら成型のパンも、短い切れ目が桜の花びらの先っぽみたいになっていますよねっ😆
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました
×