コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ

コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ

本当に役立つ道具を紹介!

家庭でもよく食べられている定番のパンと言えばバターロールがあげられますが、最近ではスーパーでも多種多様なパンが売られるようになったので、いかにもバターロールって感じのパンは減ってきている気がしますねぇ🤔

バターロールはパン作りの基本として黒わんこカフェの中でも、「すべてのパンレシピの基本になる定番のバターロール」という記事でレシピを紹介していますが、バターロールによく似た材料を使うパヴェという名前のパンがあります😊

パヴェはフランス語で石畳という意味があり、小さな四角に成型したコロンとした形が可愛らしいミルクパンのことで、バターロールのような成型が必要ないので、パン初心者の方が最初に挑戦するパンとして人気があるようです😉

ということで今回はこのパヴェの作り方について紹介したいと思います😆

パヴェの成型は四角切ればOKという実にシンプルなものなので、とりあえずパン作りの流れを勉強してみたいという人にはオススメ出来るパンの一つだと思います。

このレシピでは朝食に一人一個食べる想定で切り出したので結構大きなパヴェになっていますが、12等分ではなく16等分に切り出せば、もっと小ぶりでコロコロした感じのパヴェになると思うので、お好きなサイズで切り出してもらえればイイと思います🤗

POINT今回は準強力粉のトラディショナルを使っていますが、リスドォルでもOKです😉

作り方の手順

[ad]
一次発酵 30℃ 60分二次発酵 35℃ 40分
ベンチタイム 15分(冷蔵庫)焼き 210℃ 15分
  1. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ1今回はパン生地に使う材料はバターロールに似ていますが、下に残る甘さを出すために練乳を使っているいます😊パヴェはミルクパンの一種なので、水の代わりに牛乳を使います。練乳は牛乳に混ぜてから使えば、満遍なくパン生地に混ざってくれますよ😉パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。バターがなじんで捏ね上がってくると、あまりベトつかずとても扱いやすい生地になります🙂
  2. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ2一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  3. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ3一次発酵終わればガス抜きをして、15cm×30cmぐらいの長方形にのばしましょう。パヴェは最終成型は切るだけなので、ベンチタイム前にパン生地を層にして、焼いたときにふんわりと厚みが出るように工夫します😉パン生地をのばし終わったら三つ折りにします。
  4. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ4三つ折りにしたパン生地の向きを変えて、もう一度15cm×30cmにのばします。写真をよく見てもらうと分かりますが、パン生地が層になっているのが見えますよね。こんな風に成型の時にパン生地を層にすると、上向きに膨らんでふっくらとした仕上がりになります🙂
  5. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ515cm×30cmに伸ばし終わったら、もう一度三つ折りにしてベンチタイムに入ります。お布団みたいに折りたたまれていますよねっ😆
  6. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ6パヴェは成型の時にかなり大きな面積にのばさなくてはいけないので、僕はパン生地がのばしやすいよう、ベンチタイムは冷蔵庫で行いました。パン生地が冷えている方がのばしやすいですしね😉ベンチタイムを行うときは、必ずよく絞ったふきんを掛ける、サランラップで包むなどしてパン生地が乾かないようにしましょう☝
  7. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ7ベンチタイムが終わったら30cm×30cmの大きな正方形に生地をのばします。ガスがたまっていると表面がボコボコになるので、中央から外側にガスを送るようにしながらのばしていき、時々端っこのパン生地を抑えてガスぬきをしながらのばしてくださいね。
  8. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ830cm×30cmにパン生地をのばし終わったら、4×3もしくは4×4に切ってパヴェの大きさに成型しましょう。今回は4×3の12個に切り出していますが、二次発酵や焼き上げの時に結構膨らむので、焼き上がりは普通のパヴェよりは大きく焼き上がっています。小さいコロコロした感じが好きなときは4×4か、切り出せるなら5×5でもなんとかなると思います😉
  9. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ9お好きなサイズに切り出し終わったら、天板に並べていきましょう。今回のパン生地は左右にはあまり膨らまないと思いますが、小さいサイズで切り出すと、どうしても天板の上でパン生地同士が近づいてしまいがちですよね😵あまりパン生地同士が近くにあると焼き上げの時にパン生地同士がくっつく可能性があるので、パン生地同士はしっかりと間隔を開けて並べた方がイイと思います☝全ての生地を天板に並べ終わったら、35℃40分で二次発酵。
  10. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ10二次発酵が終わった生地はこんな感じに膨らみますね😊真上から撮っているので二次発酵前と後で違いがよく分からないかも知れませんが、高さが出ています😉
  11. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ11余熱をしている間にドリュールを塗ります。牛乳でもドリュールの代わりになりますが、しっかりした茶色に仕上げたいときは、やっぱり卵をつかったほうがいいですね。パヴェは側面が白く、表面が茶色いという焼き上がりが多いので、この色合いで焼き上げたいときはドリュールはパン生地の表面にだけ塗りましょう。僕は側面も塗っているので、全面が茶色に焼けたパヴェになっています😉
  12. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ12焼き上げは210℃15分。ヘルシオを使用しているときは、230℃5分→220℃13分ぐらいでこんな感じの色になりました。あんまり高い温度でガンガン焼くと表面が濃くなり過ぎて焦げているように見えるので、ちゃんと見ながら適当の天板を前後入れ替えて焼いていきましょう😉
  13. コロンとした四角形が可愛らしいミルクたっぷりの練乳入りパヴェ13完成😋カッティングボードからあふれるぐらいのサイズで焼き上がってますが、一般的なパヴェはもっと小ぶりなので、小さいパヴェをおやつ代わりに食べたいときは、切り出す数を多くして一つのサイズを小さくしてくださいね😊
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へにほんブログ村 パン作りへ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

[ad]

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました