洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン

AD
AD
洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン

本当に役立つ道具を紹介!

黒わんこカフェで紹介しているパンレシピの画像は、大体同じ構図になるように意識して写真を撮っているんですが、初期の頃の写真はカッティングボードもなく、載せているレシピも今ほど細かくなかったりします😵

そのまま載せておいてもいいんですが、やっぱり統一感がある方がパン・お菓子レシピサイトとしてはカッコイイので、今回は「ローズマリーの香りただようガーリックパン」というレシピを少し改良して、改めて作り直したので紹介したいと思います🙂

ローズマリーというハーブは、清涼感のあるすっきりとした強い香りを持つハーブということから、香りを楽しむときによく使われるハーブになります。

香りを楽しむためのハーブなので必ずしも食品として使うばかりではありませんが、手軽に手に入るのはスーパーの香辛料コーナーなので、パンの材料として使うときは香辛料コーナーに売られている乾燥させて小さくバラしてあるものを使います😊

ただバジルやパセリと違って、乾燥させたローズマリーはかなり固く尖っているので、そのままパンの中に入れると、普通に口の中で刺さります🤣

なので、僕は必ず粉末状にしてから使っているので、このレシピも粉末状にしたローズマリーを使用していますので、ひと手間かかりますが粉末状にして使ってくださいね😉

ローズマリーの分量を1gとしてレシピを作っていますが、1gのローズマリーはかなり香りが強くなります。

あんまり香りが強いと食べにくいという方もいると思うので、初めて作る時は0.3~0.5gぐらいにして、ガーリック強めの方が食べやすくなると思います☺️

POINT今回は料理にもよく使うにんにくチューブを使っていますが、ガーリックパウダーがあるときはにんにくチューブの代わりに、ガーリックパウダー3gぐらいで作ってみてもいいと思います😉

作り方の手順

一次発酵 30℃ 60分二次発酵 35℃ 35分
ベンチタイム 10分焼き 2200℃ 12分
  1. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン1今回はパン生地に粉末にしたローズマリー、にんにくチューブが特別な材料になります。砂糖を使う代わりに、モルトパウダーを1g使ってよいと思います😉パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。最初は少しベトつくパン生地ですが、バターがなじんで捏ね上がってくると、手離れがよくなってくるので頑張って捏ねてくださいね🙂
  2. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン2ローズマリーが1gぐらいになるとにんにくチューブとしっかり混ぜないと、ダマになって味にムラが出てくるので、にんにくチューブと混ぜる時はしっかり混ぜてくださいね。この写真は0.3gのローズマリーをにんにくチューブ5gに混ぜた分量なので、きっちりとにんにくにローズマリーが混ざっています。
  3. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン3パン生地がだいたい捏ね上がってきたら、パン生地を20cm×20cmほどに伸ばし、にんにくとローズマリーを満遍なくパン生地に塗り広げましょう。この写真はローズマリーの量が少ないのでまばらになっていますが、ローズマリーの量が1gになれば、結構広めに塗り広げることが出来ると思います。
  4. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン4ローズマリーを塗り終わったら、広げたパン生地を上下にたたんで三つ折りにしましょう。
  5. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン5三つ折りにしたパン生地をもう一回今度は左右で三つ折りにして、六段重ねの座布団状にします。こうすることでパン生地が上向きに膨らみやすくなりますね😉
  6. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン6座布団状にしたままだとちょっと角張っているので、両手で包むようにして軽く丸め直してして、ボウルに移し一次発酵に入りましょう。
  7. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン7一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  8. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン8一次発酵終わればガス抜きをして8個に切り分け、固く絞った濡れふきんをかぶせベンチタイム10分。できるだけ同じ生地の同じ重さになるように丁寧に切り分けましょう☝もし一次発酵が終わった時点でべとつきが気になるときは、軽く打ち粉をして丸めやすくするといいと思います😊
  9. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン9ベンチタイムが終わったら、しっかりとガス抜きをしましょう。ベトつくパン生地ではないので、手のひらでバシッとすれば楽にガス抜きできると思います。
  10. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン10ガス抜きをしたら綺麗に丸め直して、とじ目を下にして天板に並べていきます。
  11. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン11全てのパン生地を天板に並べ終わったら、35℃35分で二次発酵。結構膨らむので、パン生地同士だけなく天板とパン生地の間もちゃんと開けておいた方が良いと思います😉
  12. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン12二次発酵が終わったパン生地はこんな感じに膨らみますね😊欲張って一枚の天板に沢山ならべて、パン生地が思ったより膨らむとくっついちゃうので、僕は欲張らず二枚の天板に分けて並べるようにしています😉
  13. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン13二次発酵が終わったら、軽く霧吹きを拭いてから強力粉をふるい、横一字に少しだけ深めにクープを入れましょう。僕はこういうまっすぐの大きなクープを入れるときは、ictorinox クープナイフを使います。小さな力でパン生地をガッと切り裂いてくれるので、かなり綺麗にまっすぐなクープを入れることが出来ますよ😉
  14. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン14深めにクープを入れたら、10gの板状バターを1/6カットしたバターをクープの間にはさみましょう。1/4にカットしたバターを挟んでもいいと思いますが、バターの量が多ければ多いほど焼いている時に天板に漏れ出てバターの洪水がおきますので、僕は1/6カットぐらいで丁度良いと思います🙂
  15. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン15焼き上げは220℃で12分焼きます。ヘルシオを使用しているときは、ウォーターオーブンで250℃5分→230℃10分ぐらいでこんな感じの色になりました。あんまり高い温度でガンガン焼くと表面が濃くなり過ぎて焦げているように見えるので、ちゃんと見ながら適当の天板を前後入れ替えて焼いていきましょう😉
  16. 洋食にとっても良く合うローズマリーの香り漂うガーリックバターパン16完成😋にんにく多めの時はにんにく香りが、ローズマリーが多めの時はローズマリーの香りが漂うパンなので、どちらでも食欲がそそられますよっ😁
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました
×