クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン

AD
AD
クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン

本当に役立つ道具を紹介!

黒わんこカフェで紹介しているパンレシピの画像は、大体同じ構図になるように意識して写真を撮っているんですが、初期の頃の写真はカッティングボードもなく、載せているレシピも今ほど細かくなかったりします😵

そのまま載せておいてもいいんですが、やっぱり統一感がある方がパン・お菓子レシピサイトとしてはカッコイイので、今回は「クリームチーズとさっぱりフルーツのフルーツピールパン」というレシピを少し改良して、改めて作り直したので紹介したいと思います🙂

最初のこのパンを作ったときは、オレンジピールを使わずに奥さんが手作りしてくれた文旦ピールを使って作ったので、全く同じパンを作るのはちょっと敷居が高かった気がします😵

文旦はお取り寄せできますが、文旦ピールって市販されていませんしね。

今回作り直すにあたってはもう一回文旦ピールで作るには僕自身も敷居が高いので、素直に手に入りやすいオレンジピールを使いました☺️

元々のレシピ名が「フルーツピール」と名前をつけているように、オレンジピール以外にもフルーツピールという形で作られている食材なら、干しいちじくの様にカットした時にめちゃくちゃベトつくフルーツピールとかでなければ、どのフルーツピールでも大丈夫だと思います。

クリームチーズとフルーツピールはあえて練り合わせて、パン生地に塗りつける形で作るパンにしてあります。

フルーツピールだけパン生地に練り込んで、クリームチーズはかたまりのままパン生地で包む、という「濃厚チーズに爽やかな味わいを合わせたオレンジピールとクリームチーズパン」というパンも紹介していますので、お好きな成型で楽しんでもらえればと思います😆

POINTクリームチーズとフルーツピールを練り合わせるレシピと、クリームチーズをかたまりのまま使うレシピでは、微妙にクリームチーズとかの分量が違うので、レシピに合わせて準備してくださいね😉

作り方の手順

一次発酵 30℃ 60分二次発酵 30℃ 40分
ベンチタイム 15分焼き 180℃ 20分
  1. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン1今回はクリームチーズとフルーツピールを事前に混ぜ合わせて使用しますので、クリームチーズは少し常温に戻して柔らかくしておいた方がよいと思います。フルーツピールも最初から細切れになっているものもありますが、今回使用したオレンジピールは細い棒状だったので、混ぜやすいよう事前に細かくカットしました。
  2. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン2クリームチーズが柔らかくなったら、細かくカットしたフルーツピールを加えてしっかりと混ぜ合わせましょう。今回はフルーツピール30gにしていますが、50gぐらいまでは増やしても大丈夫だと思います。それ以上になると、量が多すぎてフルーツピールがあちこち漏れ出ると思います😵
  3. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン3クリームチーズとフルーツピールを混ぜ終わるとこんな感じになります。クリームチーズの量の方が多いので、あまりフルーツピールが入っていないように見えますが、パン生地に塗り広げると結構入っているのが分かるので大丈夫です😉混ぜ終わったクリームチーズはラップをして常温で置いておくか、一次発酵が始まったら冷蔵庫から出しておきましょう。冷蔵庫に入れて冷やしたままにしていると、固くなってパン生地に塗り広げにくくなります。
  4. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン4今回はパン生地の塗りつけるフルーツピールとクリームチーズが特別な材料になります。パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。バターがなじんで捏ね上がってくると、あまりベトつかずとても扱いやすいパン生地になります🙂今回はクリームチーズをパン生地に塗り広げますので、水分量も少し少ない目にして、クリームチーズを塗り広げるときにパン生地がべちょべちょにならないように調整しています。
  5. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン5一次発酵は30℃60分。つるんとしたパン生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  6. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン6一次発酵が終わったらガス抜きをして、軽く丸め直してベンチタイム15分とりましょう。四角く成型してベンチタイムをとれば、その次の作業は少しやりやすくなるので、丸でも四角でもお好きな成型をしてもらえればOKです😉
  7. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン7ベンチタイムが終わったらガス抜きをしながら25cm×30cmの縦長にパン生地をのばしましょう。水分量が少ない目のレシピなので、ほとんどベトつくことなく綺麗に伸ばせると思います。
  8. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン8パン生地をのばし終わったら、上2~3cmほど開けて、準備しておいたクリームチーズを満遍なく塗り広げましょう。写真は下側にも隙間が空いていますが、深い意味はありません🤣巻き終わりは上側なので、上側だけ空いていればOKです。
  9. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン9クリームチーズを塗り終わったら、パン生地を下から巻いていき幅28cm幅ぐらいの太巻きになるよう、軽く転がしながら調整してください。太巻きが出来たらパン生地を8等分しましょう。パン生地はスケッパーや包丁で切ってもいいですが、僕はパン生地を巻いて切り落とすタイプのパンを作るときは、糸で切るようにしています。
  10. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン10切り分けたパン生地は切断面を上にして天板に並べていきます。このとき高さが3cm以上あるときは軽く手のひらで押さえて高さを低くしておきましょう。高さが高すぎると二次発酵をしているときに倒れてしまいます😵全てのパン生地を天板に並べ終わったら、30℃40分で二次発酵。
  11. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン11二次発酵が終わった生地はこんな感じに膨らみますね😊欲張って一枚の天板に沢山ならべて、パン生地が思ったより膨らむとくっついちゃうので、僕は欲張らず二枚の天板に分けて並べるようにしています😉巻いたパン生地が上にせり出して倒れそうになっていたら、それは太巻きにする時にキツく巻きすぎた時ですね😣
  12. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン12余熱をしている間にドリュールを塗ります。牛乳でもドリュールの代わりになりますが、しっかりした茶色に仕上げたいときは、やっぱり卵をつかったほうがいいですね。
  13. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン13焼き上げは180℃20分。ヘルシオを使用しているときは、230℃5分→210℃15分ぐらいでこんな感じの色になりました。あんまり高い温度でガンガン焼くと表面が濃くなり過ぎて焦げているように見えるので、ちゃんと見ながら適当の天板を前後入れ替えて焼いていきましょう😉今回のパンもパン生地を巻くのは比較的緩く巻いていましたが、それでもやはり少し盛り上がって山の形になっているので、本当に巻くのはゆるめの方がいいと思います🤔
  14. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン14焼き上がったまま完成にしてもよいと思いますが、今回は溶けない粉砂糖で少し飾り付けをしてみました☺️溶けない粉砂糖を茶こしなどに入れ、スケッパーでパンを覆い、パンの一部に溶けない粉砂糖が降りかかるようにして、ふるってみました。
  15. クリームチーズにオレンジがよく合う爽やか仕上げのオレンジピールパン15完成😋溶けない粉砂糖を使えば、パンに飾り付けしている感じが出て、僕は結構好きですね🤩
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました
×