ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン

AD
AD
ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン

本当に役立つ道具を紹介!

日本の菓子パンといえば、あんぱん・メロンパン・カレーパンが代表格で、黒わんこカフェでも「ふっくら仕上がる柔らか生地で粒あんを包んだ簡単に作れる定番あんぱん」「日本の菓子パンと言えばコレ!厚焼きクッキーのサクッと仕上げのメロンパン」「揚げパンの定番はやっぱりカレーパン!カレーとミートソースの揚げパン」と、とりあえず有名なパンはレシピ紹介したことがあります🙂

日本の菓子パンは、パンの中に何かを入れるというパターンが多いのか、ジャムパンなんかも日本の菓子パンとして有名ですね😉

外国の菓子パンと言えば、フランスの菓子パンとしてはクロワッサンやブリオッシュのようにバターたっぷりの、パン生地そのものがお菓子って感じのが多いのが特徴ですね🤔

ドイツもパンの種類が多い国の一つですが、ライ麦を使うパンも多く、フランスのパンのようにバターをたっぷり使ったパンは少ないようです。

そんなドイツのパンですが、バターを使うパンもあるようで、今回紹介するブッタークーヘンという菓子パンで、ブッター(バター)&クーヘン(お菓子)という事から、バターをたっぷり使った菓子パンになります😉

パン生地部分は色々なレシピがあるようですが、バター多めのリッチ系パン生地で仕上げれば似たようなのが出来るかな?ということで、今回は黒わんこカフェで紹介した事のある「バターと牛乳で作るとってもリッチな菓子パンのブリオッシュ・シュクレ」というパン生地をベースにしました。

トッピングとしてブッタークーヘンらしく、たっぷりのアーモンドスライスとバター、グラニュー糖でまとめたレシピになっています。

焼き上がったときにボリュームもありますし、バターの濃厚な味がしっかりと染みこんだ、とても美味しい菓子パンに焼き上がりました😆

POINT18cmスクエア型で焼いていますが、デコ型でもパウンドケーキ型でも作れるので、使いたい型のサイズに合わせて材料の分量を調整してもらえれば大丈夫です😉

作り方の手順

一次発酵 30℃ 60分二次発酵 35℃ 45分
ベンチタイム 15分焼き 180℃ 20分
  1. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン1今回はブリオッシュ生地を作るのでバターと卵の量が少し多めですが、それ以外は特に特別な材料はありません😉ブリオッシュシュクレはお湯と牛乳で作っていますが、今回のレシピはより菓子パン風に仕上げたかったので牛乳100%で作っています。パン生地を混ぜある程度まとまったらバターを加えてこね上げます。バターがなじんで捏ね上がってくると、あまりベトつかずとても扱いやすい生地になります🙂
  2. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン2一次発酵は30℃60分。つるんとした生地が綺麗に膨らんでますよねっ😁
  3. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン3一次発酵終わればガス抜きをして軽く丸め直して、固く絞った濡れふきんをかぶせベンチタイム15分。
  4. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン4ベンチタイムが終わったら、しっかりとガス抜きをして生地を17-18cmぐらいの正方形に伸ばします😉18cmを超えたサイズにすると、スクエア型にはめにくいと思うので、18cmを超えない程度の大きさでよいと思います。
  5. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン5パン生地をのばしたらスクエア型に入れて、真ん中を軽く押してパン生地を四隅にまでのばしてあげましょう。きっちり角まで埋まれば真四角のブッタークーヘンが出来ますが、まあそこまでこだわらなくても、写真ぐらいにまで広がっていればOKです😉スクエア型にパン生地を敷き詰めたら、35℃45分で二次発酵。
  6. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン6二次発酵をしている間に、トッピングの材料を準備しましょう。バターは写真の様な細切れにした方が散らしやすいと思います。イメージ的には10gの板状のバターを1/8ぐらいのサイズでよいと思います。手でちぎって散らすレシピもありますが、味にばらつきが出やすいので、カットしたものを散らす方が無難だと思います🤔
  7. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン7二次発酵が終わった生地はこんな感じに膨らみますね😊二次発酵前とあんまり変わっていないように見えますが、真ん中の方が結構膨らんでいますね。
  8. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン8真ん中が膨らんだままトッピング材料を散らすと、膨らんでいくときに外側にこぼれ落ちてしまうので、トッピングを散らす前に、フォークなどで軽く穴を開けてガス抜きをして置きましょう。
  9. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン9最初にたっぷりのアーモンドスライスを、パン生地の表面が見えなくなるように満遍なく散らしてください🙂
  10. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン10次にグラニュー糖を粉ふるいを使って、全体に満遍なく散らしましょう。指でつまんで散らしてもいいですが、粉ふるいが一番ムラなく散らせるので、僕は粉ふるいを使う事をオススメします😊
  11. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン11パン生地にアーモンドスライスとグラニュー糖をかけおわったら、こんな感じになります。
  12. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン12最後に細切りにしたバターを、パン生地全体に満遍なく散らしてください。カットしたサイズが同じぐらいであれば、満遍なく散らせば、味の偏りがなく溶けたバターがパン生地に染みこんでくれると思います😉
  13. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン13今回はこんな感じでバターを散らしました。結構まばらに散っている感じがしますが、バターは焼いている時に溶け出してパン生地の中に染みこんでいくので、密集しているよりはこのぐらいばらけている方がよいと思います。
  14. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン14焼き上げは180℃20分。ヘルシオを使用しているときは、230℃5分→210℃15分ぐらいでこんな感じの色になりました。ドリュールは使っていませんが、とてもイイ感じの色合いで焼き上がりました😆
  15. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン15完成😋見た目からして菓子パン作りましたって感じが、結構好きですね🙂
  16. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン16上から見た写真だけだと高さがわかりにくいので、横から写真を撮ってみました。角はそこまで膨らんでいませんが、真ん中にいくにつれてドーム状に大きく膨らんでいますね😉
  17. ドイツ家庭で楽しまれている伝統的なリッチ系菓子パンのブッタークーヘン17切ってみた断面はこんな感じになっています。結構分厚いブッタークーヘンになっていますね😋
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 パンレシピ集へレシピブログ
応援の☝1クリック☝が新しいレシピに繋がります😆

参考サイト・書籍

過去のレシピを元に作成しているので参考にしたサイト・書籍はありません

黒わんこ1黒わんこ2黒わんこ3
  • 黒わんこ
  • 職業商売人 属性ゲーマー
    性格慌てたわんこ
    得意技お得情報ゲット
    役割子育て&パン作り。質問メッセ、遠慮なく(屮゚Д゚)屮 カモーン
タイトルとURLをコピーしました